世界血友病デー

2016年世界血友病デー

「すべての患者に治療を」は、みんなの願いです。 4月17日の世界血友病デーに参加して、血友病などの遺伝性出血性疾患患者についての意識を高めましょう。 世界人口の1000人に1人が出血性疾患を持っています。その大半は、出血性疾患の診断も治療も受けていません。私たちが協力することにより、この現状を変えることができます。世界血友病デーは、ご家族やご友人、同僚、介護者と語り、遺伝性出血性疾患の患者と共に暮らす方々に対する意識を高め支援する機会を提供しています。

WFHコミュニティーに協力を仰ぎ、赤いライトアップを行うことで、世界の出血性疾患に対する意識の向上への支援を示してもらいます。私たちは、4月17日に赤いライトアップによって世界血友病デーへの支援を示してくれるWFHのパートナーのリストに、毎年、新しいランドマークやモニュメントを加えてきました。皆様のお近くにランドマークがあれば、4月17日に赤いライトアップが 可能か問い合わせてみてください。点灯してもらえなくても、祝日用のイルミネーションを用いて、自宅でこの活動に参加してください。4月17日は照明を赤く点灯して、私たちの活動に参加してください。2015年の英語、フランス語、スペイン語版のポスターやその他の資料を www.wfh.org/whd から入手して、世界血友病デーの活動を支援しましょう。印刷されたポスターにつきましては、下記世界血友病連盟までご連絡ください。

世界血友病連盟

1425 boul. Rene-Levesque Ouest, bureau 1010
Montreal, Quebec, H3G 1T7, Canada
Tel: +1 (514) 875-7944 Fax: +1 (514) 875-8916
電子メール:vherrick@wfh.org
詳細情報につきましては、WFHの広報マネージャVanessa Herrick(vherrick@wfh.org)にお問い合わせください。