臨床研究助成プログラム

WFHの臨床研修助成プログラムは、遺伝性出血性疾患に関する国際的臨床研究に対し、支援を提供しています。

このプログラムの目的は、血友病A、血友病B、フォン・ヴィレブランド病、稀な因子欠損症、遺伝性血小板疾患の臨床管理に対するより優れたエビデンスを得るための支援です。プログラムは専門家により評価され、世界中の研究者に開かれています。

WFHの臨床研究助成プログラムは、広く国際的に意義のある重大な臨床問題に取り組む最良の提案に対し、毎年最大4件(各カテゴリーで2件ずつ)の助成金を提供しています。

助成金の金額/期間:

  • 1つの助成につき1年に1万~5万ドル
  • 資金は最大で2年間与えられます

申請プロセスと締め切りにつきましては、www.wfh.org/crgp をご覧ください。申請は英語で提出する必要があります。