データ収集

WFHは年次国際調査を通じ、各国の加盟団体(NMO)に対して、それぞれの国における出血性疾患患者およびケアへのアクセスレベルに関する最新かつ正確な情報の提供を求めます。毎年、データは年次国際調査報告書に発表されます。この重要な文書から、血友病団体、血友病治療センター(HTC)、保健当局は、出血性疾患患者のケアの維持向上やプログラム計画の支援への取り組みに役立つ有用な情報を得ることができます。詳細情報につきましては、こちらwww.wfh.org/en/data-collectionをご覧ください。 (英語)

2017年年次国際調査:


2017年年次国際調査に関する報告書を紙媒体とオンライン(www.wfh.org/globalsurvey)でご確認いただけます。

ご質問またはコメント等ございましたら、globalsurvey@wfh.orgまでメールにてお送りください。

国際出血性疾患レジストリー

 国際出血性疾患レジストリー (WBDR) の運用が開始されました。WBDRは2018年1月に運用が開始され、世界中の患者が登録しています。

不明な点やご意見がおありの場合は、WBDR@wfh.orgまでメールでお知らせください。