治療の安全性

治療用製剤の安全性と安定供給は、出血性疾患コミュニティ ーにとっても重要な関心事です。1970年代、1980年代、凝固因子濃縮製剤により、WFHコミュニティーの多くの患者がHIVやC型肝炎ウイルス(HCV)に感染して以来、WFHは、製品の安全性、有効性、入手可能性、供給を厳密に監視してきました。WFHは、政府機関、業界、臨床医、患者グループと緊密に協力して、治療用製剤の品質および望ましい数量の双方を達成することに取り組んでいます。 これらの重要な問題は、今でもWFHの作業の中心的テーマであり、WFHは、これらの問題に対し、引き続き議論や対話を促進していきます。また、より安全で有効な治療やケアにつながる科学技術開発を厳重に監視し、推進します。

安全性と安定供給の監視

治療用製剤の安全性、供給およびアクセス委員会 (TPSSA)を通して、WFHは、製品の安全性と安定供給の動向を監視し、必要に応じて積極的な行動を取ります。安全性もしくは安定供給に関する重要な問題が生じた場合、TPSSAは、出来るだけ早くWFHのウェブサイトに有用、正確かつ有益な情報を掲載します。