WFH人道支援プログラム

New-HA-article-header-620x400

発展途上国の治療体制の不備は、止血異常症で苦しむ多数の患者にとって治療に使用する製品の価格が極めて高額という理由もあり、健康上の切実な問題であり急務となっています。

WFHは、「全ての人に治療を」のために継続的期待どおりのアクセスを提供することで、発展途上国におけるこうした体制の不備を改善する取り組みの先頭に立っています。

statistic-768x230

WFH人道支援プログラムは、発展途上国における先天性止血異常症の患者が切望している支援を提供することで治療体制の不備を改善しています。

WFH人道支援プログラムは、患者に対する予測可能で安定した人道支援の寄付金の流れを実現することで、患者が継続的かつ信頼できる治療を受けられるようにしています。

こうした成果は、当連盟の創設時ビジョン推進貢献企業であるサノフィジェンザイムとソビ、ビジョン推進貢献企業であるバイエル、リーダーシップ貢献企業であるグリフォルスとロシュ、そして貢献企業であるCSLベーリングの支援なくして実現することはできなかったことでしょう。

WFH人道支援プログラムの詳細については、www.treatmentforall.org(英語)をご覧ください。

WFH人道支援プログラムの無料のリソースを利用するには、WFHEラーニング・プラットフォームにこちらからアクセスしてください

2019年インパクトレポート』を確認するには、こちらをクリック(英語)してください。

WFH人道支援プログラムの動画の視聴および当プログラムがどのように進歩をもたらしているかを確認するには、こちらをクリックしてください。

contributors-768x182